育毛と食事の関係性とは

鏡を見て、髪に落ち込む男性

人間の体は食事から摂取した栄養素でできています。
髪の毛も体の一部であり、育毛に適切な食事とそうでない食事では、太さや抜けやすさが変わります。
髪の毛の主成分はタンパク質ですが、肉類ばかりからタンパク質を摂取しようとすると、脂質も多く摂取してしまいます。動物性タンパク質は消化や吸収に負担をかけ、過剰な皮脂が毛穴を詰まらせるので育毛には適していません。
またあるデータでは、男女ともに抜け毛に悩んでいる場合、有害ミネラルの一つであるアルミニウムが体内に蓄積していると報告しています。アルミニウムはベーキングパウダーなどの膨張剤に多く含まれるため、パンなどを食べ過ぎるのも注意します。
さらに砂糖をたくさん使ったお菓子や飲み物、ジャンクフードも脂肪を多く含み、添加物も育毛に悪影響を与えます。
反対に育毛を成功させたい人は、栄養バランスを考えながら髪の毛や頭皮が必要とする栄養素を摂取しています。
タンパク質はできるだけ植物性タンパク質から摂取するために大豆を食べます。畑の肉とも呼ばれ、必須アミノ酸もバランス良く含まれています。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすることで、ホルモンバランスが整い更年期に抜け毛が増え始めた女性にもおすすめです。
また穀類や魚介類、卵黄からは亜鉛が摂取できます。亜鉛は育毛ミネラルといい、抜け毛を早める男性ホルモンの働きを抑制します。髪の毛は亜鉛がなければ合成されないため、育毛に欠かせない栄養素です。亜鉛は不足しやすい栄養素ですが、果物や野菜に多く含まれるビタミンCと一緒に摂取するとたくさん吸収できます。
さらに消化や吸収を上手く行うためには、就寝する3時間前には食事を終わらせます。